チーズケーキに関する情報が満載!

おいしいチーズケーキ

チーズケーキのカロリー

ダイエット中の人にとっては、ケーキが食べたい時に、どのケーキを選ぶと一番ヘルシーなのかが気になりますね。
代表的なケーキ、ショートケーキ、チョコレートケーキ、アップルパイ、ミルフィユなどと比べると、チーズケーキは生クリームでデコレーションがされていない分、カロリーが低めになっています。
チーズケーキの種類としては、スフレ、レア、ニューヨーク、ベイクドと4種類ありますが、一番ヘルシーなのはのはスフレタイプで264キロカロリーです(100g換算)。
レア、ニューヨーク、ベイクドはそれぞれ350キロカロリーを越えています。
レア、ニューヨーク、ベイクドタイプは、どれも生クリームやチーズなど、材料的にほとんど同じものを使っていて、仕上げが焼いてあるか冷やしてあるかの違いに留まるからです。
スフレタイプはチーズや生クリームを少し控えて、その分卵を泡立ててふわふわ感を出しているので、同じ大きさであってもヘルシーに仕上がります。
ダイエット中ならスフレチーズケーキがお勧めです。

チーズケーキを手作りしてカロリーオフな私

チーズケーキは手軽に自宅で手作りができるケーキであり、手作りすることでカロリーコントロールをすることができます。
そして、材料を自分で確認できるため安心して口にすることができます。
作るうえで、膨らませたりするとがないので技術面でも簡単です。
基本的に混ぜて焼いたり、冷やしたりすることで仕上げます。
チーズケーキはヨーグルトを使用することでさっぱりとしたさわやかな味わいになり、大幅にカロリーを低くすることができます。
そして、材料にひとつである砂糖もポイントのひとつです。
白砂糖は体を冷やしてしまい、太りやすくなるため、てんさい糖にすると良いです。
てんさい糖は体をあたためる効果のある糖類です。
また、味にコクが出てより美味しくいただけます。
ベイクドチーズケーキの場合は底に敷くクッキー生地にバターを混ぜることが多いのですが、こちらに牛乳を多めに含ませることでバターを少なくして油分を抑えることもできしっとりとします。

Favorite



最終更新日:2019/12/11

▲ページ上部へ移動▲